ヘリカメクロタマゴバチの寄主発見と認知に関与する要因(59)

ヘリカメクロタマゴバチの寄主発見と認知に関与する要因(59)

課題番号1992000556
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間中H01〜H03
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の特性の解明と機能の評価
小課題ヘリカメクロタマゴバチの寄主発見と認知に関与する要因(59)
摘要担当者が科学技術庁長期在外研究員として米国に滞在していたため,平成3年度は本課題を中断した。平成4年度に研究を再開する。
研究分担環境生物・天敵生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032017
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat