土壌生態系における放線菌の特性の解明(69)

土壌生態系における放線菌の特性の解明(69)

課題番号1992000562
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継S58〜H04
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の特性の解明と機能の評価
小課題土壌生態系における放線菌の特性の解明(69)
摘要土壌生態系で重要な役割を担い,生物防除での有効利用も期待されている,放線菌のキチナーゼに着目し,その解析を行う。S. lividansのキチナーゼ遺伝子,chiAの塩基配列を決定した。ORFは1713塩基対,コード領域のG+C含量は70mol%であった。他のキチナーゼ遺伝子の中でchiAに最も高い相同性を示したのは,Bacillus circulansのchiDであった。塩基配列より推定したアミノ酸配列に対するホモロジー検索の結果,S.lividansの全てのキチナーゼは,シグナル配列,基質吸着ドメイン,フィブロネクチンタイプ■リピートユニット相同ドメイン,活性ドメインの,4つのホモロジードメインに分かれていることが判明した。また,細菌のキチナーゼは少なくとも3つのグループに分かれること,植物のキチナーゼのクラス■と■は,細菌のそれとはかなり異なることが明らかになった。
研究分担環境生物・土微利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat