イネ縞葉枯ウイルスのRNAポリメラーゼの純化と特性解析(78)

イネ縞葉枯ウイルスのRNAポリメラーゼの純化と特性解析(78)

課題番号1992000572
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関国立遺伝研【石浜明】
研究期間継H01〜H10
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の変異と適応機構の解明と評価
小課題イネ縞葉枯ウイルスのRNAポリメラーゼの純化と特性解析(78)
摘要イネ縞葉枯ウイルス(RSV)の増殖機構の特性を,RNA複製を触媒するRNAポリメラ−ゼの特性を解析することによって明かにする。ゲノムRNAから分離したRNAポリメラ−ゼにウイルスRNA分画を再添加しても,RNA合成活性は殆ど回復しなかった。そこで,RSVゲノムRNA各分節の両末端にある共通塩基配列が,RNAポリメラ−ゼによる認識の標的構造と考え,その構造をもつ50塩基の低分子RNAを調整した。純化ポリメラ−ゼは,このモデル鋳型を転写し,鋳型鎖長のRNAを合成した。従って,われわれの仮設が実証された。
研究分担環境生物・土微分類研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032033
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat