酸アミド系除草剤の立体異性体の生物作用

酸アミド系除草剤の立体異性体の生物作用

課題番号1992000583
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農用資材等の特性の解明と機能の評価
中課題農薬等の特性の解明と機能の評価
小課題酸アミド系除草剤の立体異性体の生物作用
摘要化合部は立体異性体間で生物に異なった作用性を示すが,農薬においても生物活性,解毒代謝反応,毒性などの面で立体異性体間で異なることが報告され,立体異性のピレスロイド系殺虫剤や昆虫フェロモンなどが実用化されている。より有効な異性体のみを利用し,環境に対する影響を抑制するため立体異性農薬の開発研究が行われているが,除草剤における研究例は少ない。そこで,光学異性体及び回転異性体が存在する酸アミド系除草剤について,それぞれの異性体を分離して各異性体の植物に対する作用性を解明し,生物活性と化合物の立体構造との相関性を明らかにする。
研究分担資材動態・除草動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032044
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat