食品副産物の肥料化

食品副産物の肥料化

課題番号1992000590
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農用資材等の特性の解明と機能の評価
中課題肥料等の特性の解明と機能の評価
小課題食品副産物の肥料化
摘要食品製造工場等で発生する各種の粕類やオカラなどの食品副産物の化学的組成を明らかにし,肥料としての評価を行う。また,これら副産物は未熟な有機物を多量に含んでいるので,適切な前処理法の検討を行うことを目的とする。各年度毎に色々な食品副産物について,排出量,化学成分,コンポスト化条件の検討,コンポストの特性を明らかにする。このことによって,廃棄物となっている食品副産物の肥料資源として価値評価が可能となり,環境保全的にも優れた前処理方法の開発によって,廃棄物の再資源化に寄与する。
研究分担資材動態・廃棄物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032051
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat