行動制御物質の超微量定量法−生物検定法(106)

行動制御物質の超微量定量法−生物検定法(106)

課題番号1992000597
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題環境生物の動態の解明と制御技術の開発
中課題生物個体群の動態の解明
小課題行動制御物質の超微量定量法−生物検定法(106)
摘要昆虫の性フェロモンを高純度で得るために雌から放出された性フェロモンを空気捕集する装置を開発し,そのままGC−EAG装置を用いて分析する方法を検討した。アセテート,アルコール,アルデヒドの3種類の化合物を空気気流下で捕集したところ,アルデヒドの回収率が悪かったが窒素気流下で捕集したところ,その回収率は改善された。ウリキンウワバ雌蛾の性フェロモン分泌線から捕集を行い,溶媒抽出物質それぞれについて放出の有無,誘引活性,EAG活性を測定したところ,EAG活性と誘引活性とはよく一致した。チャバネアオカメムシ雄成虫からの空気捕集物についても野外での誘引活性を確認した。
研究分担環境生物・昆虫行動研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032058
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat