ネギ畑における生物間相互作用(126)

ネギ畑における生物間相互作用(126)

課題番号1992000613
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物群集レベルにおける相互作用の解明と制御技術の開発
小課題ネギ畑における生物間相互作用(126)
摘要ネギ,ニラの根には数種の抗フザリウム物質の含有が認められ,根のメタノール抽出液では強い活性が認められた。畑から採取したニラ,キュウリの根を駒田培地で培養するとフザリウムのコロニーを形成し,ネギでは,フザリウムに抗菌力を示す細菌のコロニーが形成された。この抗生物質は,既報のピロルニトリンとは異なる物質であることが明らかになり,土壌中でフザリウムに作用している可能性も考えられる。また,ネギの根から土壌pHを高める揮発性物質の放出が観察され,この物質がネギ畑土壌の理化学性,生物性に影響を及ぼしている可能性が示唆された。
研究分担環境生物・他感物質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032074
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat