土壌中におけるポリアミンの動態の解明(135)

土壌中におけるポリアミンの動態の解明(135)

課題番号1992000624
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物と土壌・水・大気の相互作用の解明と制御技術の開発
小課題土壌中におけるポリアミンの動態の解明(135)
摘要火山灰土壌には酸やアルカリでは抽出されないヒューミン画分にホモスペルミジンの集積が認められた。一方,多くの好気性細菌が多量のホモスペルミジンを含有している。火山灰土壌におけるホモスペルミジンの集積がその難分解性によるものかどうかを検討するため,火山灰土壌に12種類のアミンを添加し,畑状態でこれらアミンの分解速度の違いについて検討した。テトラミン,トリアミン,ジアミンの純でその分会は速くなり,トリアミンのスペルミジンとホモスペルミジンとの間には分解速度に差はなかった。したがって,ホモスペルミジンの集積機構に関してヒューミン画分におけるポリアミンとの結合状態をまず検討する必要のあることが示唆された。
研究分担環境資源・土壌生化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032085
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat