紫外線(UV−B)の農作物の生長への影響(151)

紫外線(UV−B)の農作物の生長への影響(151)

課題番号1992000635
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物と土壌・水・大気の相互作用の解明と制御技術の開発
小課題紫外線(UV−B)の農作物の生長への影響(151)
摘要ラジオスペクトロメータにより,太陽紫外線強度や紫外線照射装置のUV−B強度の測定を行った。UV−Bの波長域である280−320nmの光を透過するフィルターとして,本研究でこれまで用いていたカッティングシートの各波長の光透過特性は,米国でよく用いられているセルロースアセテート膜とほぼ同様であることが確認された。紫外線照射装置のUV−B強度測定には反射光測定法を用いるべきであると考えられた。UV−Bに最も感受性の高い農作物であるキュウリの3品種にUV−B照射実験を行った結果,個体乾物重はUV−B強度の増加とともに減少した。減少の度合いの品種間差異は大きくなかったが,可視被害の度合いは品種間で明らかに異なった。
研究分担環境資源・大気保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032096
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat