薬剤抵抗性アブラムシの生体防御発現機構の解明(161)

薬剤抵抗性アブラムシの生体防御発現機構の解明(161)

課題番号1992000643
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題農用資材等の影響解明と制御技術の開発
小課題薬剤抵抗性アブラムシの生体防御発現機構の解明(161)
摘要ワタアブラムシは各種薬剤に対し高度の抵抗性を生じ,防除が難しくなっている。本種の有機リン剤及びカーバメート剤抵抗性に関与する解毒酵素(エステラーゼ)活性の増大及び標的酵素(アセチルコリンエステラーゼ)の薬剤感受性低下の発現機構を解明する。本年度は二つの酵素の機能を明らかにし,抵抗性における役割を解明した。有機リン剤・カーバメート剤抵抗性系統(C系統)に対しエステラーゼ阻害剤Kー2と有機リン剤の協力作用が認められたが,IBPでは認められなかった。C系統のエステラーゼ活性は感受性系統(S)の活性値の39倍と高かった。Kー2ではエステラーゼ阻害活性が認められたが,IBP及びDEFでは認められなかった。両系統ともにフェニトロオクソン分解活性は有しなかったが,捕捉活性はC系統で著しく大きかった。この捕捉活性はエステラーゼ活性と同様にKー2によって阻害されたが,IBP及びDEFによって阻害されなかった。以上のことから,本種の有機リン剤抵抗性にはエステラーゼが深く関与しており,このエステラーゼは有機リン剤を捕捉・不活化することがわかった。また,両系統の標的酵素のピリミカーブに対する感受性比は200倍以上であったが,エチオフェンカルブに対しては殆ど変わらなかった。
研究分担資材動態・殺虫動態研薬剤耐性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032104
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat