世界の土壌・植物系におけるハロゲン元素の含量レベルと動態の解明(182)

世界の土壌・植物系におけるハロゲン元素の含量レベルと動態の解明(182)

課題番号1992000663
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H01〜H06
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題物質循環及びエネルギー動態の解明と制御技術の開発
中課題物質循環とエネルギー動態の解明
小課題世界の土壌・植物系におけるハロゲン元素の含量レベルと動態の解明(182)
摘要ドイツおよびオランダ国内の代表的土壌と,そこに生育する植物中のヨウ素,臭素及び塩素の含量レベルを明らかにした。土壌(A層)中総平均含量(μg/g風乾土)は,ヨウ素6.4,臭素10.0,塩素220であり,緯度が近いカナダや旧ソ連と同レベルであり,特異的に高い日本より1桁低かった。植物葉中総平均含量(μg/g風乾物)はヨウ素0.22,臭素18.3,塩素4050で,カナダや旧ソ連と同レベルであり,日本の1/3〜1/4,マレーシア,インドネシアの1/5〜1/7と低かった。海岸部(10km以内)の植物葉中3元素含量は,内陸部の3〜7倍と高く,海からの供給量の違いが反映したと推定された。
研究分担環境管理・分析法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032124
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat