微生物利用土壌改良資材の機能

微生物利用土壌改良資材の機能

課題番号1992000679
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H04〜H05
年度1992
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題物質循環及びエネルギー動態の解明と制御技術の開発
中課題物質循環とエネルギーフローの制御技術の開発
小課題微生物利用土壌改良資材の機能
摘要特別研究「微生物利用土壌改良資材(微生物資材)の効果判定技術の開発(平成元〜3年)」の中で,熱測定法によるイナワラ分解能力の判定技術を開発してきた。本研究では,さらに多くの資材や使用条件に適用し,熱測定法の拡充を図る。そのため,(1)微少熱量計及び小型反応試験槽による各種有機物の分解に伴う発熱パターン及び微生物資材の分解能力の測定,(2)基質−土壌系での分解パターンの測定(以上平成4年),(3)特定微生物の基質における生存,増殖,機能発現状況の検討(平成5年)を行う。これらの結果から,微生物資材の品質を表示するための試験方法策定に基礎的な知見を与えることができる。
研究分担資材動態・廃棄物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032140
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat