農村環境の生物保持機能に着目したビオトープ結合システムの開発(253)

農村環境の生物保持機能に着目したビオトープ結合システムの開発(253)

課題番号1992000729
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H02〜H07
年度1992
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の総合的な管理計画法と管理技術の開発
中課題農村空間の生態的管理のための計画法の開発
小課題農村環境の生物保持機能に着目したビオトープ結合システムの開発(253)
摘要所構内にこの地域の農村環境のモデルを造成し、各水域で羽化したショウジョウトンボの羽にマ−クをつけて移動を調べたところ、用水路−谷津田間で種の交換が行われていることが明らかになった。つくば市周辺の伝統的な溜池の間隔を迅速測図の土浦図幅(明治16年測量)・牛久村図幅(明治14年測量)内の50箇所の池沼(いずれも谷津田の溜池)で測定したところ、7割近くが用水路−谷津田の間隔の範囲内に納まっていた。上記のトンボの移動距離からみて、これらの溜池間で種の移動(供給)が行われていた可能性が高く、伝統的な谷津田環境の配置がトンボの種供給を可能にし、トンボ相の多様性と安定性を保つうえで役立ってきた、と考えられた。
研究分担環境管理・植生動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032190
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat