被食者−捕食系の変動の解明(296)

被食者−捕食系の変動の解明(296)

課題番号1992000766
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関委託:筑波大学【藤井宏一】
研究期間継H02〜H07
年度1992
研究問題地球環境の変化と農業生態系の相互関係の評価及び農業生態系管理技術の開発
大課題地球環境の変化が農業生態系に及ぼす影響の評価と適応技術の開発
中課題地球環境変化が環境資源に及ぼす影響の解明
小課題被食者−捕食系の変動の解明(296)
摘要アズキゾウムシ及びその幼虫寄生蜂をもちいて,30℃と32℃の温度条件で,それぞれの種の生態的諸特性を調べた。アズキゾウムシの平均発育日数は,雄は雌より短く,30℃より32℃で短く、また豆当たりの密度が高い方が有意に短かかった。雌の繁殖能力は32℃より30℃で有意に高くなった。寄生蜂の繁殖能力を寄主攻撃数として調べたところ,32℃より30℃で有意に高かった。発育日数は雄が雌より短く,32℃より30℃で短かった。蜂の寿命は,雄では32℃より30℃で有意に長かったが,雌では温度による差は見られなかった。
研究分担環境生物・個体群研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032227
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat