Bordetella bronchisepticaの付着因子の性状及び病原学的役割の解明(57)

Bordetella bronchisepticaの付着因子の性状及び病原学的役割の解明(57)

課題番号1992003471
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題伝染病の防除技術の確立
大課題国内伝染病の病原体の性状解明と疾病防除技術の確立
中課題国内伝染病の診断,予防及び治療技術の確立
小課題Bordetella bronchisepticaの付着因子の性状及び病原学的役割の解明(57)
摘要Bordetellabronchiseptica付着因子を分離・精製し、その生物学的性状を明らかにすることにより、豚萎縮性鼻炎における病原学的役割を解明し、本病の防除技術の確立に資する。3年度は、牛赤血球凝集活性を指標として、付着因子の分離・精製を試みた。結果として、液体培養上清の硫安塩析、PEG沈殿、pH4.5沈殿、D.W.沈殿により、比活性を3,570倍まで高めることができた。しかしながら、この部分精製試料は付着能のある■相菌に特異的な164kd蛋白質のほか、付着能を持たない他の相にも共通の多数の蛋白質を含んでいた。赤血球凝集活性物質は、低速遠心あるいは低イオン強度下で容易に沈殿することから、物理化学的性状の差異に基づく精製は困難と考えられた。
研究分担総合診断・病原診断研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032286
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat