新しい亜群のトリ白血病ウイルスの性状の解明

新しい亜群のトリ白血病ウイルスの性状の解明

課題番号1992003499
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
他機関新潟県中央家畜保健衛生所【鍋屋政広】
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題複合因子による感染病の防除技術の確立
大課題腫瘍性疾病の診断,予防技術の開発
中課題腫瘍性疾病の感染,発病機序の解明
小課題新しい亜群のトリ白血病ウイルスの性状の解明
摘要鶏の白血病ウイルス(ALV)は、A、B、C、D及びEの5亜群に分類される。このうち、わが国では、A及びB亜群のALVが野外の鶏群間に広く伝播し、さまざまな腫瘍を誘発すると共に、ALVの感染それ自体が生産性を低下させている。平成3年度に野外で骨髄芽球症を発症した鶏から、新しい亜群に属すると思われるALVが分離された。このALVのウイルス学的性状を明らかにし(平成4年度)、抗体検査によって、わが国における浸潤状況を明らかにする(平成5年度)。また、その病原性についても明らかにする(平成6年度)。このことによって、このALVに起因する疾病の防除に資することが出来る。
研究分担鶏病・2研4研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032314
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat