生化学的特性の解明(86)

生化学的特性の解明(86)

課題番号1992003505
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題複合因子による感染病の防除技術の確立
大課題家畜,家きんの清浄化技術の確立
中課題清浄家畜家きんの作出及び維持管理技術の確立
小課題生化学的特性の解明(86)
摘要ノトバイオート反芻動物と普通反芻動物の血液生化学的成分を調べた。ノトバイオートウシおよびヤギは無菌状態で作出され,閉鎖環境下で無菌飼料で飼育維持されることから,栄養的・生理的に普通反芻動物と異なるものと考えられたが,血液生化学的には普通動物との間には特異的な差異は見られなかった。しかし,ノトバイオートウシおよびヤギの血液生化学的成分値の変動は,個体差がみられるものの普通反芻動物に比べて少なく,また,季節的変動も少なかった。これは,閉鎖環境下で飼育維持される結果によるものと思われ,従って,生理学的実験や比較的短期の毒性試験用の動物としての利用価値は非常に高いものと考えられた。
研究分担飼料安全総合診断・生化学研毒性薬理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032320
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat