ルーメンにおける細菌の動態解明(91)

ルーメンにおける細菌の動態解明(91)

課題番号1992003510
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題複合因子による感染病の防除技術の確立
大課題家畜,家きんの清浄化技術の確立
中課題微生物モニタリング技術の確立
小課題ルーメンにおける細菌の動態解明(91)
摘要■ノトバイオ−トヤギおよびノトバイオ−トウシのル−メンフロ−ラから約300株のル−メン細菌を純粋分離して、その主要な構成菌種を明らかにした。■ル−メンフロ−ラ構成細菌の検出について、菌培養法およびモノクローナル抗体利用による免疫学的検出法を比較したところ、感度、特異性および操作性において菌培養法の方が優れていた。■ノトバイオ−ト動物由来プラスミドをpBR322に挿入して形質転換を行い約5Mdalのプラスミドを得た。本プラスミドはル−メン細菌のベクタ−系として応用の可能性が示唆された。■ELISAによるル−メン菌抗体測定法を確立した。■制限ル−メンフロ−ラが宿主動物の栄養維持に関与をしていることが示唆された。
研究分担研一・細菌2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat