牛乳房の免疫系細胞の動態・機能と乳房炎(101)

牛乳房の免疫系細胞の動態・機能と乳房炎(101)

課題番号1992003523
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題生産病等の防除技術の確立
大課題生産病等の診断,予防及び治療技術の確立
中課題泌乳障害の診断,予防及び治療技術の確立
小課題牛乳房の免疫系細胞の動態・機能と乳房炎(101)
摘要乳房内感染防御機構を解明するため、乳房内免疫系細胞、主としてマクロファ−ジの動態と機能について検討した。乳房内洗浄液からマクロファ−ジを分離、培養し、マクロファ−ジ細胞株を樹立した。マクロファ−ジ細胞株での牛病原性ウイルス(牛ウイルス性下痢・粘膜病ウイルス、アデノウイルス、牛ヘルペスウイルス1型、パラインフルエンザウイルス3型等)の増殖性を検討した結果、異個体由来の細胞株により牛ウイルス性下痢・粘膜病ウイルス、アデノウイルスの増殖性に違いを認めた。しかし、特定の細胞株におけるアデノウイルスの低増殖性とインタ−フェロン産生性には相関は認められなかった。新規課題(牛マクロファ−ジへの病原微生物取り込みと主要組織適合抗原発現性)に移行し、引続き検討する。
研究分担北海道・3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032338
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat