プロファイルテストを用いた衛生管理システムの開発(114)

プロファイルテストを用いた衛生管理システムの開発(114)

課題番号1992003534
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題家畜,家きん疾病の総合的防除技術の確立
大課題衛生管理技術の体系化
中課題舎飼い家畜,家きんにおける衛生管理技術の確立
小課題プロファイルテストを用いた衛生管理システムの開発(114)
摘要肺炎,肺炎・下痢合併症,胃腸炎,虚弱症(栄養失調)およびコクシジウム症の子牛の血液について調べた。白血球数の増加は各疾病でみられたが,特に肺炎・下痢合併症およびコクシジウム症で著しかった。ヘモグロビン濃度は各疾病間で差が無かったが,ヘマトクリット値は胃腸炎で大きく変動した。血清生化学的成分として血清蛋白質は肺炎・下痢合併症で高く,下痢症で低い傾向を示した。血清酵素については,各疾病間に特異的な差は見られなかった。トリグリセライドは下痢症および肺炎・下痢合併症で高値を示し,総コレステロールは低値を示した。遊離コレステロールは肺炎・下痢症で低値であった。血糖および無機質には著差が無かったが,ビタミンAおよびビタミンEは各疾病間で激減した。
研究分担飼料安全総合診断・生化学研毒性薬理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032349
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat