子牛疾病の集団衛生管理システムの総合化

子牛疾病の集団衛生管理システムの総合化

課題番号1992003536
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H03〜H04
年度1992
研究問題家畜,家きん疾病の総合的防除技術の確立
大課題衛生管理技術の体系化
中課題舎飼い家畜,家きんにおける衛生管理技術の確立
小課題子牛疾病の集団衛生管理システムの総合化
摘要集団飼育する肥育もと牛における生産性の阻害に対して,病原及び子牛の生化学的な機能に関する研究情報を整理,体系化し,総合的な子牛の疾病防除システムを確立することが目的であり,3年度は微生物学的,臨床生化学的,臨床免疫学的な解析に基づいて得られた情報を整理,体系化した。すなわち,子牛に比較的多くの発生が認められるストレスを含めた15の病気と,それらを特定するための37の臨床症状及び検査項目を取り上げて整理した。病気は中毒,栄養障害,ミネラルの異常,および感染病として下痢,肺炎などであった。また,病気を特定するために,病気に特有な症状ならびに検査項目の選定を行った。
研究分担総合診断・環境衛生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat