家畜のインターフェロン(125)

家畜のインターフェロン(125)

課題番号1992003544
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題先端的,基盤的技術の開発
大課題生物工学的手法による生物学的製剤等の開発
中課題組換えDNA技術の応用による製剤等の開発
小課題家畜のインターフェロン(125)
摘要昨年度設計した遺伝子構造を元にして、新たにウシインターフェロンβ−3遺伝子の合成と組上げを行った。長いDNAは品質上の信頼性が低いので、30mer前後の比較的短いオリゴマーを35本合成し、HPLCで精製した。これらは各々、15merずつオーバーラップしており、3ブロックに分けてアニーリングで組み上げた(ブロックI,II,III)。これらをpUCベクターに挿入した。この方法(アニーリング法)は非常に簡便で迅速であり、本研究では3ブロックに分けたが、おそらく全遺伝子を一度に組み上げる事も可能であろう。昨年度の研究で、Proによって人為的にturnを起こす事により、シグナルの切断が制御されうることを明らかにした。本年度はこの系を用いて、シグナルの切断点をシフトさせることにより、リゾチーム(HLY)のN末端にAla,Val,Leu,Lys,Asnを付加した改変体を作成し、その機能を野生型と比較した。その結果Lysを付加したLys−HLYは野生型よりも、高pH、高イオン濃度で高い活性を示した。
研究分担製剤・製剤工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032359
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat