免疫細胞等への遺伝子DNA導入法の検討(130)

免疫細胞等への遺伝子DNA導入法の検討(130)

課題番号1992003548
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題先端的,基盤的技術の開発
大課題生物工学的手法による生物学的製剤等の開発
中課題組換えDNA技術の応用による製剤等の開発
小課題免疫細胞等への遺伝子DNA導入法の検討(130)
摘要本研究では免疫系細胞にクローン化DNAを効率よく導入し遺伝子発現制御機構を解析するために、遺伝子導入法、導入効率評価のための発現プラスミドの開発を行った。牛白血病ウイルスプロモーター(LTR)、ラウス肉腫ウイルスプロモーター(RSV)の下流にヒト成長ホルモン遺伝子(hGH)あるいは転写活性化遺伝子(tax)を組み替えたプラスミドpRSVtax、pRSVhGH、pLTRhGHを構築した。それらプラスミドをマクロファージ系譜細胞株BM2βに種々の方法でトランスフェクトし、上清のhGH活性をラジオイムノアッセイにより定量した所、遺伝子導入はリポフェクチン法が最適であった。またLTRのプロモーターはtaxを発現させた場合のみ活性化された。
研究分担研二・生物物理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032363
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat