薬剤耐性等のマーカーを用いた形質転換ES細胞の選択培養法の開発(136)

薬剤耐性等のマーカーを用いた形質転換ES細胞の選択培養法の開発(136)

課題番号1992003554
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題先端的,基盤的技術の開発
大課題生物工学的手法による生物学的製剤等の開発
中課題組換えDNA技術の応用による製剤等の開発
小課題薬剤耐性等のマーカーを用いた形質転換ES細胞の選択培養法の開発(136)
摘要C3H系統のマウスから樹立されているES細胞株を用いてその安定培養に必要な条件を検討した。培地にはダルベッコ変法イーグル培地にウシ胎児血清、メルカプトエタノールおよび分化阻害因子(LIF)他を添加したものを用いた。支持細胞にはマイトマイシンC処理したマウスSTO細胞を使用した。ES細胞の培養にあたっては培地を毎日交換し、2日ごとにトリプシン処理によってコロニーを分散した後、1:10の希釈率で新しい培養皿に植え込むことでほぼ安定に継代・維持できた。継代されたES細胞をヌードマウスに移植したところ様々な組織からなる固型腫を形成し、ES細胞が多分化能を保持していることが示された。またC3H系統マウス特異的抗体によってES細胞のコロニーのみが染色され、このES細胞を識別する有用なマーカーとなることも示唆された。
研究分担研二飼料安全・生物物理研慢性毒性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032369
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat