鶏のグルタチオンS−トランスフェラーゼの性状の解析(166)

鶏のグルタチオンS−トランスフェラーゼの性状の解析(166)

課題番号1992003593
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題飼料及び飼料添加物の安全性確保技術の確立
大課題有害物質及び有害微生物の排除技術の確立
中課題飼料中有害物質の作用の解明と排除技術の確立
小課題鶏のグルタチオンS−トランスフェラーゼの性状の解析(166)
摘要各種薬物投与がグルタチオンS−トランスフェラーゼ(GST)活性に及ぼす影響について検討した.今回の投与条件では,肝GST活性はphenobarbital(PB),buthylhydroxyanisole(BHA)あるいはstilbeneoxide(SBO)投与で約2−3倍に上昇したが,3−methylcholanthrene(MC)では変化がなかった.また,抗脂血剤clofibrate(CLF)では,ブロイラーの場合活性に変化はなかった.セレン依存性グルタチオンペルオキシダーゼ(GSH−Px)活性はCLF群で上昇し,PB,MC及びSBO群で低下した.セレン非依存性GSH−Px活性は,PB,BHA及びSBO群で上昇する傾向がみられた.各種薬物投与群でのGSTの基質特異性パターンには,各々に特有な変化が見られた.PB及びBHA群では,薬物投与によるアイソエンザイムパターンの変化はわずかであったが,SBO群では等電点9のアイソエンザイムが顕著に増加していた.サブユニットパターンは,PB及びBHA群では対照群に比してわずかな,SBO群では顕著な変動がみられた.
研究分担企連飼料安全・企画毒性薬理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032408
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat