家畜におけるin situハイブリダイゼーション技術の開発(2)

家畜におけるin situハイブリダイゼーション技術の開発(2)

課題番号1992000783
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の遺伝情報発現機構の解析
中課題染色体・遺伝子の構造の解析
小課題家畜におけるin situハイブリダイゼーション技術の開発(2)
摘要in situハイブリダイゼーションを遺伝子地図の解析に利用していくことを目的として、新たな手法の開発を行ってきた。遺伝子地図解析には解像度の高いin situハイブリダイゼーションが要求されることから、従来のアイソト−プ法に替えて、化学標識法を用いることにした。この方法はまだ感度が十分ではないため、感度を向上させる方法を開発することを第一の目標においた。まず、ハイブリダイゼーション時のバックグラウンドを抑える為、ブロッキング剤の検討を行った。その結果、ブロッキング剤として、スキムミルクが適していることが判った。また、同時に、ビオチン標識法を検討し、当初の10倍程度の感度を得る事が出来た。さらに、検出時の光学系の改良を行った。即ち、ビオチン標識法で得られるハイブリダイゼーション・シグナル(反応によって沈着した化学物質)の吸収光を透過させるバンドパスフィルタ−を顕微鏡に装着し、検出感度を約3倍向上させた。その結果、45キロ塩基対の配列であれば、その染色体上の位置特定が可能となった。
研究分担育種・遺子機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat