PRE−1配列等を含む有用遺伝子DNAの検索と解析

PRE−1配列等を含む有用遺伝子DNAの検索と解析

課題番号1992000787
研究機関名畜産試験場(畜試)
他機関農林水産先端技術研究所【矢沢敏美;鈴木秀昭】
研究期間新H03〜H09
年度1992
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の遺伝情報発現機構の解析
中課題染色体・遺伝子の構造の解析
小課題PRE−1配列等を含む有用遺伝子DNAの検索と解析
摘要遺伝子地図の作成には、多型が検出されるような遺伝的マーカーを検索する必要がある。遺伝的マーカーとしては、DNAの変異が蓄積されて多型を示す配列が、ゲノム上に多数見いだされなくてはならない。このような条件を満たすものとして、散在性反復配列がある。その1つとして、我々はブタ散在性反復配列(PRE−1配列)の単離及び構造解析を行ってきており、遺伝的マーカーとしての利用の可能性を示した。PRE−1配列はゲノム上に散在し翻訳されない領域であるが、翻訳領域近傍に存在するPRE−1が遺伝的マーカーとしては望ましい。そこで、本課題では、PRE−1配列を含む有用遺伝子DNA断片の検索と解析を行う。
研究分担育種・遺子機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032418
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat