家畜の系統等の判別に有用なDNAのクローニング及び解析

家畜の系統等の判別に有用なDNAのクローニング及び解析

課題番号1992000794
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H03〜H05
年度1992
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の遺伝情報発現機構の解析
中課題遺伝形質の発現機構の解析
小課題家畜の系統等の判別に有用なDNAのクローニング及び解析
摘要クローニングしたブタミトコンドリアDNA(mtDNA)の多型検出用のプローブとしての有効性を検討するとともに、ヒトMHC遺伝子cDNAクローン8種の増殖を行った。その結果、ブタ白血球全DNA1μg以上でmtDNAの多型検出が可能であることが明らかになった。また、既知のウシYプローブをクローニングし、ハイブリダイゼーション法による性判定への利用性を検討した。その結果、BOV97MはゲノミックDNAを検体とした個体の性判定に利用可能であることがわかった。次年度は、mtDNAおよびMHCのタイピング、および他のウシYプローブのクローニングに重点をおき研究を進める。
研究分担育種繁殖・形質発現研繁殖1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032425
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat