家畜操作胚の着床機構に関与する物質の検討(35)

家畜操作胚の着床機構に関与する物質の検討(35)

課題番号1992000821
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完S63〜H03
年度1992
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題雌畜の繁殖機構の解明と制御技術の開発
中課題繁殖機能の発現機構の解明
小課題家畜操作胚の着床機構に関与する物質の検討(35)
摘要ファイブロネクチン(以下FN)をコートした培養皿上での牛透明帯脱出胚盤胞(以下HBL)の接着、伸長性は、FNレセプター結合部位の合成ペプチドRGDを添加することにより著しく抑制された。一方ネガティブコントロールである合成ペプチドRGEを添加した区においては、伸長性の阻害は観察されず、栄養膜外(以下TB)細胞の増殖と伸長が起こった。培養皿に接着後、牛HBLから増殖したTB細胞は単層化するとともに、直径1ー5mm程度のTrophoblastic vesicle(以下TV)を形成した。酵素分散させたTB細胞は継代培養時に初代培養細胞と同様にTVを形成し、4代以上の継代培養が可能であった。継代培養時に形成されたTVの接着についてもHBLで見られたようにRGDペプチドで接着阻害の傾向が認めらた。
研究分担繁殖・生殖機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032452
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat