絨毛膜による妊娠特異物質産生に関する研究(37)

絨毛膜による妊娠特異物質産生に関する研究(37)

課題番号1992000823
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題雌畜の繁殖機構の解明と制御技術の開発
中課題繁殖機能の発現機構の解明
小課題絨毛膜による妊娠特異物質産生に関する研究(37)
摘要牛尿膜・絨毛膜には、多数の蛋白が含まれていたが、妊娠特異的な蛋白としては、既知の胎子特異蛋白であるα−Fetoproteinが検出され、また胚や胎子の発生・分化に重要な役割を果たすレチノ−ルに対する結合蛋白が含まれることをすでに明かにした。牛体外受精胚由来の栄養芽細胞は、Trophoblastic vesicle形成能を有していた。in vitroで培養状態にある牛TB細胞の蛋白合成を、[35S]−Metを用いたフルオログラフィ−で検討したところ、TB細胞は102K,77−73K,67K,51K,37−36K,22Kの蛋白を合成し、また45Kおよび37Kの蛋白を培養上清に分泌していたが、合成された蛋白個々の意義は明かにしえなかった。TB細胞の蛋白組成についてのSDS−PAGEの結果は、フルオログラフィ−と類似したものであったが、20K前後に妊娠特異的と推定しうるバンドが認められた。
研究分担繁殖・生殖機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032454
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat