多胎妊娠維持に関わる内分泌要因の解明(41)

多胎妊娠維持に関わる内分泌要因の解明(41)

課題番号1992000828
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題雌畜の繁殖機構の解明と制御技術の開発
中課題胚移植技術の改良とその効率的利用技術
小課題多胎妊娠維持に関わる内分泌要因の解明(41)
摘要プロジェステロン投与による受胎促進の可能性を調べるために、妊娠初期の牛に徐放性のプロジェステロン放出器具(CIDR)を膣内に挿入し、それが黄体機能および胎児の発育に及ぼす影響を検討した。処置後の血中プロジェステロン濃度は、CIDR挿入後一過性に上昇して高値を示し、ピーク値は処置後12〜24時間に観察された。また、プロジェステロン濃度はCIDR挿入後9〜13日目には挿入前のレベルにまで低下し、20日目に流産した1例ではプロジェステロン値はこれに続いて急激に下降した。胎子の発育は流産した1例を除けばCIDR挿入群と対照群との間に差異は認められなかった。
研究分担繁殖・細胞移植研繁殖2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032459
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat