ミツバチの行動習性の解明とその制御技術の開発(82)

ミツバチの行動習性の解明とその制御技術の開発(82)

課題番号1992000869
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間延S61〜H04
年度1992
研究問題家畜・家禽の生理・生産機構及び行動の解明とその制御
大課題家畜・家禽の神経性制御機構及び行動の解明
中課題行動に関連する感覚・生理・生体機構の解明
小課題ミツバチの行動習性の解明とその制御技術の開発(82)
摘要蜜蜂は巣箱の位置を覚えている為、巣箱を移動した場合に、移動先に行かないで元の巣箱の位置に戻る個体がでる。移動先の巣箱へ帰らない個体はその蜂群にとってはロスになる。そこで本年度は、蜂群を移動(10、100、500、750、1000、1500m)した場合の働き蜂の個体数の減少について調査した。その結果、蜂群を移動することによる働き蜂の個体数の減少率は移動前の蜂群の個体数の5.4%〜19.5%の範囲であった。10〜1500mにおける蜂群の移動距離と働き蜂の減少の間には相関は見られなかった。移動距離が750mの地点で働き蜂の減少率が最も高く、10mで減少率が最も低くなった。
研究分担育種・育種3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032500
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat