新たな汚染可能物質の動物体内における動態解明(95)

新たな汚染可能物質の動物体内における動態解明(95)

課題番号1992000880
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題家畜・家禽の物質代謝機構の解明・制御と飼料・栄養素の有効利用
大課題家畜・家禽の物質代謝機構の解明とその制御技術の開発
中課題代謝調節機能の解明
小課題新たな汚染可能物質の動物体内における動態解明(95)
摘要鶏胚を用いて4価と5価のバナジウムの吸収と骨への蓄積を阻害するキレート剤を検索した。テストした12種の化合物の中でDeferoxamine,EDTA,XO,Tiron等が有効であった。とくにDeferoxamineは最も優れていた。つぎにトリクロロエチレン等の有機塩素化合物の子山羊における代謝を検討した。肺からの蒸散量ではメチルクロロフォルムが最高で、つぎにトリクロロエチレン、最も蒸散しにくいのがテトラクロロエチレンであった。また、トリクロロエチレンは2,2,2−trichloroethanolに代謝変換された。
研究分担栄養・微量要素研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032511
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat