飼料作物の化学的特性に基づく評価法の開発(粗飼料の化学的特性評価法の確立)(112)

飼料作物の化学的特性に基づく評価法の開発(粗飼料の化学的特性評価法の確立)(112)

課題番号1992000892
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継S00〜S00
年度1992
研究問題家畜・家禽の物質代謝機構の解明・制御と飼料・栄養素の有効利用
大課題飼料の多面的機能の解明と利用技術の開発
中課題飼料の機能特性の解明
小課題飼料作物の化学的特性に基づく評価法の開発(粗飼料の化学的特性評価法の確立)(112)
摘要イタリアンライグラス、アルファルファ、コーン、ソルガムの番草、生育期別のサンプルを調製し、各繊維画分を調べた。イタリアンライグラスでは、生育が進むにつれOCW、Obは増加したが、NDFは、結実期にやや減少、ADFは、開花期以降変わらず、CFは比較的変動が少なかった。一番草と二番草では同様な変化を示した。アルファルファでは、Oaの変化が少なかった。コーンでは、ADFが減少傾向を示したが、他の繊維成分は一定の傾向を示さなかった。ソルガムは、糊熟期以降繊維成分は大きく減少した。OCWとNDFでは、アルファルファのOCWがNDFより著しく多かった。また、アルファルファではNDFよりObの含量が高い傾向が認められた。各作物間で繊維成分の割合、比率などが異なり、繊維成分の性質に違いが認められた。
研究分担栄養・飼料鑑定研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032523
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat