畜舎機能評価のための家畜動作行動解折と飼養設備の改善(150)

畜舎機能評価のための家畜動作行動解折と飼養設備の改善(150)

課題番号1992000926
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H03〜H07
年度1992
研究問題家畜・家禽の高位安定生産及び環境保全技術の確立
大課題高位安定生産に向けての施設・機械化技術の開発
中課題施設における生産・労働環境の改善
小課題畜舎機能評価のための家畜動作行動解折と飼養設備の改善(150)
摘要茨城県南地域の搾乳牛舎構造のアンケート調査を進めると共に、係留装置の異なる2箇所の牛舎で、搾乳牛動作行動の24時間VTR調査を行った。スタンチョン方式牛舎の5頭の平均横臥時間は10hr12m19s/日、起立横臥動作回数が19.4回/日に対し、コンフォート方式の5頭の平均は15hr50m30s,28.2回となった。両者には1日あたり5時間以上の横臥時間の違いがあり、動作回数も大きな差があった。起立横臥動作時の鼻、頭の移動量はスタンチョン方式が多かった。横臥動作時のきこう部の鉛直方向の下降速度は、スタンチョン方式が平均14.2cm/s、コンフォート方式が11.0cm/sとなった。両牛舎には、起立横臥の動作行動のパターンに明らかな違いが見られた。
研究分担飼養技術・施設利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032557
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat