培養細胞系における組換え体ウイルスの増殖機構の解明(19)

培養細胞系における組換え体ウイルスの増殖機構の解明(19)

課題番号1992003280
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等の遺伝子発現及び発生・分化機構の解明と制御法の開発
中課題昆虫遺伝子・細胞操作技術の開発
小課題培養細胞系における組換え体ウイルスの増殖機構の解明(19)
摘要カイコ5齢起蚕の体液には貯蔵タンパク質(SP)、また6日目の体液にはSP及び30kDaの分子量の両タンパク質、さらに化蛹1日目の雄蚕の体液には30kDaのタンパク質が特異的に多量に含まれているので、これらのタンパク質がカイコ核多角体病ウイルスの多角体形成に及ぼす影響を調べた。その結果、いずれのタンパク質とも多角体形成を促進することが判明したが、多角体形成促進因子を特定することは出来なかった。
研究分担遺伝育種・細胞工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032600
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat