農薬耐性有用昆虫の育種素材化(29)

農薬耐性有用昆虫の育種素材化(29)

課題番号1992003289
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間延H01〜H06
年度1992
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等への新機能付与技術の開発と育種素材の作出
中課題新育種素材作出技術の開発
小課題農薬耐性有用昆虫の育種素材化(29)
摘要DDVP乳剤で認められた耐性が維持されているか否か、それぞれ千、1万、10万、100万分の1に希釈しDDVP乳剤を桑葉に塗布し、風乾後蟻蚕を各区50頭掃き立て生存頭数を調べたところ去年と同様の傾向を示した。また、新たに作用機作の異なる殺菌剤アグリマイシン100をそれぞれ10、100、千、1万分の5に希釈後同様な調査を行った。10分の1の希釈では1齢中にすべて死亡したが、100分の5に希釈した液を用いた場合は、死亡率に蛾区間差が認められた。この結果、蚕品種「日02号」はDDVP乳剤で認められたと同様な傾向を示したことから、アグリマイシンに対しても抵抗性(感受性)があることを示唆した。
研究分担遺伝育種・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat