DNAフィンガープリンティング法による野外昆虫個体群の遺伝子多型解析技術の開発(32)

DNAフィンガープリンティング法による野外昆虫個体群の遺伝子多型解析技術の開発(32)

課題番号1992003292
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等の適応機構の解明と利用法の開発
中課題適応機構の遺伝学的解析と利用法の開発
小課題DNAフィンガープリンティング法による野外昆虫個体群の遺伝子多型解析技術の開発(32)
摘要昆虫におけるDNAフィンガープリントの検出感度の向上をはかるため、昆虫特異的DNAプローブの開発を試みた。本年度は、EMBL3ラムダファージベクターを用いてトビイロウンカのゲノムライブラリーを作成した。また、さまざまな生物でDNAフィンガープリント検出が可能であることが知られるヒト由来のインシュリンおよびミオグロビン遺伝子のVNTR領域のクローンをプローブとして、プラークハイブリダイゼイションによるゲノムライブラリーのスクリーニングを行った。その結果、前者のプローブでは3種類、後者の場合には13種類のポジティブシグナルを示すクローンが単離された。
研究分担遺伝育種・適応遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032612
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat