昆虫等におけるDNA多型解析技術の開発−昆虫共生微生物の染色体ならびにDNA多型解析技術の開発(38)

昆虫等におけるDNA多型解析技術の開発−昆虫共生微生物の染色体ならびにDNA多型解析技術の開発(38)

課題番号1992003296
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等の適応機構の解明と利用法の開発
中課題変異・分化機構の細胞・分子生物学的解剖と利用法の開発
小課題昆虫等におけるDNA多型解析技術の開発−昆虫共生微生物の染色体ならびにDNA多型解析技術の開発(38)
摘要DNA解析技術の一環として、パルスフィールド電気泳動装置を用いて、ウンカ類に共生している酵母の染色体核型分析を行った。比較的短いパルスタイムでは、ウンカの酵母の染色体は2本にしか分離されなかったが、パルスタイムを長くすることにより、トビイロウンカの共生酵母の染色体は2本に、セジロウンカのそれは3本に、ヒメトビウンカのそれは4本に分離できた。各ゲノムサイズは、トビイロウンカでは5.9Mb、セジロウンカでは12.1Mb、ヒメトビウンカでは14.3Mbであった。
研究分担生体情報・共生機構研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032616
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat