RIを用いた鱗翅目昆虫ホルモン及びホルモンレセプターの定量法の開発と発育制御機構の解明(58)

RIを用いた鱗翅目昆虫ホルモン及びホルモンレセプターの定量法の開発と発育制御機構の解明(58)

課題番号1992003314
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題昆虫等の生体機能の解明と制御・利用法の開発
大課題昆虫等の変態・休眠・生殖制御機構の解明と利用法の開発
中課題変態・休眠制御機構の解明と利用法の開発
小課題RIを用いた鱗翅目昆虫ホルモン及びホルモンレセプターの定量法の開発と発育制御機構の解明(58)
摘要1)幼若ホルモン(JH)のラジオレセプターアッセイ法を確立するためJH結合タンパク(JHBP)が部分ほぼ精製された。また、JHに特異的な抗血清が作製されたが、RIAの抗血清としては二〜三の点で問題があった。3)GC−MSでカイコ血液のJHの種類を検討したところ、JH1、2、3とも今回の方法では検出できなかった。4)JHBPを用いて、カイコならびにトノサマバッタ血液のJHのレベルをコンペティティブアッセイで測った。カイコ、トノサマバッタとも既に報告されている値とほぼ同じ値が得られた。5)JHBPを大量に採取するため、イムノアフィニティ・クロマトグラフィ法を検討した。
研究分担生体情報・生理活性研代謝調節研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032634
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat