ウンカ類と微生物の共生現象における情報の発現機構

ウンカ類と微生物の共生現象における情報の発現機構

課題番号1992003332
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間新H03〜H05
年度1992
研究問題昆虫等の生体機能の解明と制御・利用法の開発
大課題昆虫関連微生物の機能解明と利用法の開発
中課題新機能微生物の探索と特性解明
小課題ウンカ類と微生物の共生現象における情報の発現機構
摘要トビイロウンカの体内で増殖しているウイルスを分離・精製し、そのウイルスの検定法を確立した。直径65nmの核蛋白粒子が精製でき、10本の二本鎖RNAが検出された。虫体内ではチュ−ブ状の構造に包まれて存在するものもあり、新規のレオウイルスであることが判明した。ビオチン・ストレプトアビジンを利用した高感度ELISA法を確立し、虫一頭からこのウイルスの検出を可能にした。このウイルスは、経卵伝搬と共に水平伝搬すると考えられた。
研究分担生体情報・共生機構研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032652
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat