桑における澱粉枝作り酵素遺伝子のクローニング(93)

桑における澱粉枝作り酵素遺伝子のクローニング(93)

課題番号1992003355
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題桑新育種法の確立と優良品種の育成
中課題新育種法の確立と育種素材の作出
小課題桑における澱粉枝作り酵素遺伝子のクローニング(93)
摘要精製したイネのデンプン枝作り酵素(QE■)をV8プロテアーゼで消化してから、SDS−PAGEを行い、さらにPVDF膜にブロッティングしてペプチド断片を得た。このうち4種類のペプチド断片について、気相シークエンサーで10残基程度のアミノ酸の配列を決定した。これら各々のアミノ酸配列からmRNAの塩基配列を推定し、そのセンスとアンチセンスにあたるオリゴヌクレオチドを合成した。これをプライマーに、イネの胚乳から抽出したポリARNAのcDNAを鋳型にしてPCR反応を行ったところ、プライマーの組合せによって特異的な長さのDNA断片の増幅が認められた。これらの断片はQE■のクローンのスクリーニング時のプローブとして利用できる。
研究分担生産技術・桑育種工研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat