組織培養によるクワ育種素材の作出(97)

組織培養によるクワ育種素材の作出(97)

課題番号1992003358
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間延H02〜H05
年度1992
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題桑新育種法の確立と優良品種の育成
中課題新育種法の確立と育種素材の作出
小課題組織培養によるクワ育種素材の作出(97)
摘要はやてさかり、本65−87など7品種・系統の冬芽を培養し、得られた雄花穂を培地に置床し生育させた結果、雄花穂の生育やシュ−トの発育に品種間差異が認められたが、みなみさかり、おおゆたか及び本65−87などから65の培養体が得られた。本65−87の培養体を育苗床に植付け秋季における外部形態を調査した結果、葉形は総じて小型で、4裂〜多裂葉であり、欠刻は深くなる傾向を示した。また、節間長は短く、枝条は細い培養体が出現した。しんいちのせの雄花穂から出現した培養体を花芽促進し、4組合せの交雑を行い、播種・育苗した。なお、しんいちのせの雄花穂培養で出現したNO14及びNO20は雌(偏雌性)であった。
研究分担生産技術・桑育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032678
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat