簡易調製人工飼料の開発(127)

簡易調製人工飼料の開発(127)

課題番号1992003385
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
他機関蚕品種研究所;東芝機械KK【堀江保宏;伊東祐英】
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題人工飼料等による低コスト繭生産技術システムの開発
中課題栄養要求の解明と低コスト人工飼料の開発
小課題簡易調製人工飼料の開発(127)
摘要蚕の人工飼料には水分を維持するために寒天やカラギーナンが添加され、飼料価格を高くする大きな要因になっている。このため、食品加工の分野で利用されている二軸エクストルーダーを用いて、飼料素材中に含まれるタンパク質やでん粉のα化を行い、寒天などを添加しないでも成形や保水が可能となる簡易調製人工飼料を開発した。本飼料はペレット状の水戻し飼料で、水に浸漬するだけで適度の水分率を持つ湿体飼料となった。この吸水に要する時間は水温が高いほど速く、25℃では5−10分を要した。本飼料は従来の湿体飼料と異なり乾体として流通するため、輸送や貯蔵に便利で、腐敗や変質が少ない等の特徴を有している。
研究分担生産技術・人工飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032705
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat