坦子菌病原細菌毒素の分離同定とその特性解明(141)

坦子菌病原細菌毒素の分離同定とその特性解明(141)

課題番号1992003396
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H06
年度1992
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題蚕桑関連昆虫及び微生物等の特性解明と制御・利用技術の開発
中課題蚕病病原微生物等の特性解明と制御技術の開発
小課題坦子菌病原細菌毒素の分離同定とその特性解明(141)
摘要ヒラタケなど一部の担子菌類は、食料キノコとして有用であるが桑樹にとっては材質腐朽菌であり、有・害両面を合わせ持つ。これら担子菌類を侵す細菌について、菌の産生する毒素とその役割を解明することによって、■食用菌類の耐病性系統の選抜に資する、■桑樹病害菌の防除法の開発に資する、ことを目的とし、本年度は病原細菌の分離・同定、毒素活性の検出法と産生条件の検討を行った。その結果、ヒラタケのり病子実体から10数菌株の細菌が分離され、P.tolaasiiと同定された。また、本菌はキングB培地で毒素を産生し、その毒素はジャガイモ塊茎やキノコに病斑類似斑を形成すること等が明らかになった。
研究分担生産技術・桑病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032716
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat