昆虫ウイルスの感染・増殖・伝搬機構の解明

昆虫ウイルスの感染・増殖・伝搬機構の解明

課題番号1992003397
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間新H03〜H07
年度1992
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題蚕桑関連昆虫及び微生物等の特性解明と制御・利用技術の開発
中課題蚕病病原微生物等の特性解明と制御技術の開発
小課題昆虫ウイルスの感染・増殖・伝搬機構の解明
摘要先進国型養蚕体系を構築するには安定した多回育大規模養蚕技術の確立が必要で,不安定要因でもあるカイコの核多角体病(膿病)の発病抑制技術の確立が重要な課題になっている。また一方,害虫の核多角体病ウイルスは有力な防除素材であり,これの増殖技術の確立が期待されている。そこでこれらの核多角体病ウイルスの感染・増殖・伝搬機構を解明し,増殖・制御技術の確立をはかる。本年度は特に緊急性を要する課題である広食性蚕を低コスト人工飼料育した場合のウイルス感受性について試験し,普通蚕と比べて特に感受性が高いとは言えない結論を得た。これは広食性蚕の体液,消化液のプロテア−ゼ活性の調査からも傍証された。
研究分担生産技術・蚕病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat