カイコのウイルス病抵抗性と作柄の解析

カイコのウイルス病抵抗性と作柄の解析

課題番号1992003398
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題蚕桑関連昆虫及び微生物等の特性解明と制御・利用技術の開発
中課題蚕病病原微生物等の特性解明と制御技術の開発
小課題カイコのウイルス病抵抗性と作柄の解析
摘要稚蚕人工飼料育の普及と防疫管理の徹底等により蚕病による被害は減少傾向にある。しかし核多角体病については、感染から発病までの期間が短く、5齢期に感染しても発病致死に至ることから、依然としてその被害は少なくない。現状におけるカイコの核多角体病の防除法は消毒と病原隔離以外になく、養蚕現場では本病に対する抵抗性蚕品種の導入が強く望まれている。そこで蚕糸昆虫研が遺伝資源として保存している463品種及び現行蚕品種等について本病ウイルスに対する抵抗性を生物検定法により検討し、抵抗性蚕品種を選抜することにより、実用蚕品種育成の素材を提供する。
研究分担生産技術・育蚕技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat