蚕品種繭糸質評価(146)

蚕品種繭糸質評価(146)

課題番号1992003402
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継S58〜H99
年度1992
研究問題絹新素材の開発と効率的生産技術の確立
大課題用途別絹新素材の開発と品質評価法の確立
中課題繭糸特性の解明と繭糸質評価法の開発
小課題蚕品種繭糸質評価(146)
摘要優良蚕品種の選定資料を得るため、農水省委託試験繭9件、蚕品種共通試験繭20件、当所限雑種試験繭173件の合計202件について繰糸試験を行った。委託試験繭は、春蚕期、初晩秋蚕期とも申請品種は1件であったが、いずれも対照品種と比較し、繭糸量、生糸量歩合など糸量関係に優れた成績を示した。再調査品種はいずれも良い成績であった。蚕品種共通試験繭は、全蚕期広食性品種であったが、そのなかで、通年品種とされるものが特に優れた成績を示した。すなわち、従来広食性品種の欠点とされていた繭糸繊度に改善が見られ、また、繭糸長、繭糸量、生糸量歩合、解じょ率など他の形質も普通品種に極めて接近した成績であった。
研究分担松本・繭質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032722
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat