ナス科野菜遺伝資源の特性評価

ナス科野菜遺伝資源の特性評価

課題番号1992001489
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の導入と評価技術の開発
小課題ナス科野菜遺伝資源の特性評価
摘要ナス科野菜にはトマト,ナスの他,保健栄養面からみて重要なピーマンなどがある.そこで,ナス科野菜の病虫害抵抗性育種や環境ストレス耐性育種等の推進のため,国内外からナス科野菜遺伝資源の導入を図り,その特性調査を行う.更に,トマトでは長期保存品種・系統の特性評価とジーンバンクへの増殖種子納付を行うことにより貴重な遺伝資源の有効利用を図る.ピーマンでは新規導入品種・系統の特性評価を行うことにより,今後のピーマンの育種計画立案に資する.4年度はトマト20点,ピーマン30点程度の遺伝資源について,1次,2次及び3次特性の必須項目を中心として特性調査を行う.
研究分担久留米・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032756
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat