ツツジを主とする収集花木の特性調査(16)

ツツジを主とする収集花木の特性調査(16)

課題番号1992001498
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S59〜H04
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の導入と評価技術の開発
小課題ツツジを主とする収集花木の特性調査(16)
摘要ツツジ園芸品種及び野生種の気孔密度及び挿し木発根性について調査した。気孔密度はヤマツツジ節ではヤマツツジ列、サツキ列、モチツツジ列の順に大であった。亜高山性のミヤマキリシマや南方系のケラマツツジは気孔密度が大であった。交雑種ではその両親の中間値に近い値を示した。挿し木発根性はヒラドツツジ、ブンゴツツジ、サタツツジ、ナカハラツツジが大、ミヤマキリシマ、クロフネツツジが小であった。クルメツツジ、サツキは品種により異なり、大から小まであった。
研究分担久留米・花き研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032765
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat